2020年02月24日

豊田市美術館 [視覚のカイソウ 岡崎乾二郎展]

豊田市美術館へ[視覚のカイソウ 岡崎乾二郎展]で行ってきました。

 

先ずは立礼茶席で一服350円のお菓子付きお抹茶をいただき気持ちを落ち着けて、

 

建物の外へ出たら、ちょうど良い時間帯で屋根と影が一直線となりアートな写真が撮れた。

 

その後、岡崎乾二郎展へ、岡崎乾二郎は多種多様な才能を持つ造形作家で建築も設計する。

 

アートは自己主張が大切で、デザインは要望や条件満たすことが大切で、

 

両方を兼ね備えることは思考回路の整理が必要で、それが出来る人は限られた人だけで、

 

それが出来る一人が岡崎乾二郎でないかと思う。

 

―――――――――――――――――――
大春建築工房 design labo
http://daa-dl.com/
住所:岐阜県多治見市滝呂町9丁目152番7
―――――――――――――――――――

1豊田市美術館2002

 

2豊田市美術館2002

 

3豊田市美術館2002

 

8豊田市美術館2002

 

7豊田市美術館2002

 

6豊田市美術館2002

 

4豊田市美術館2002

 

5豊田市美術館2002

東濃の設計事務所から建築デザイン写真満載のブログをお届けしております

一生に一度の大きな買い物といわれるマイホームや、外観や空間作りで集客にも差がでる店舗の設計を任せる建築士がどんな人物で、どんなことを考えているのか、相性がよさそうかというのは気になるところではないでしょうか。多治見にある大春建築工房design laboでは、代表である一級建築士がブログを配信しておりますので、その人と成りから建築に対する考え方をチェックしてください。
可能性を引き出す斬新なデザインでご信頼いただいている東濃の設計事務所の一級建築士によるブログは、日常のエピソードが中心です。
業務やプライベートで外出した時の話が中心ですが、いつも決まって出会った建物や建築デザインの写真が集まってきます。多治見の建築士は、それだけ建築に熱い人物だとご理解いただければ幸いです。