2017年12月04日

下街道・池田宿への市民ウォーク

12月2日土曜日 下街道・池田宿への市民ウォーク 主催:多治見観光ボランティア

 

歴史のある宿場の池田宿は、東美濃の宿場 釜戸(瑞浪市)・土岐(瑞浪市土岐町)・高山(土岐市)・池田(多治見)の四つ中の一つで、

 

江戸時代は尾張藩の管轄で約100軒の商屋があり、現在[池田町屋の郷土史を学ぶ会]が保存と伝承の活動をしています。

 

■ルート

多治見駅 出発 → ①江戸時代の道(土岐川河川) → ②町屋の標識(多治見県病院の入口) → ③野村作十郎生家跡  →  ④製糸工場跡 → 

 

⑤常夜灯 → ⑥小池勇夫生家跡 → ⑦津島様 → ⑧永泉寺 → ⑨明治時代の道 → ⑩清水地蔵 → 多治見駅 解散

 

■この町の著名人

野村作十郎:江戸末期の宮大工 明治天皇が巡行したときに[従四位]を受けている  

小池  勇:江戸時代の眼科医でのちに地方政治家で活躍、村長の時製糸業で池田町屋を活気づけた一人

 

―------------------------------------―------------------------------------―------------

 

今回は、野村作十郎のひ孫の、安藤芳子さんも参加されていて貴重なお話が聞けました。

 

安藤さんが自主出版された作品集[東濃の宮大工・野村作十郎(二)]に乗っている写真は全て安藤さん自ら撮ったもので、

 

作十郎作品を自分が良いと思う表現したかったからだと言われました。

 

この本の他に[天空の龍 幻の名匠 野村作十郎(上)(下)]も最近入手し、面白く大変興味深い本でした。

 

次回は探偵団にて[野村作十郎を巡る旅]を企画したいと思っています。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大春建築工房 design labo
http://daa-dl.com/
住所:岐阜県多治見市滝呂町9丁目152番7
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

下街道 池田宿ウォーク001_R

稲葉神社の石柱

 

下街道 池田宿ウォーク002_R

下街道

 

下街道 池田宿ウォーク003_R

下街道 多治見メダカの発育させる池

 

下街道 池田宿ウォーク004_R

沈下橋(洪水の時には沈むとこからつけられた)

 

下街道 池田宿ウォーク005_R

明治時代の赤レンガのトンネル

 

下街道 池田宿ウォーク006_R

下街道(国道19号下、JR東海・中央線下を通る)

 

下街道 池田宿ウォーク007_R

稲葉神社の石柱

 

下街道 池田宿ウォーク008_R

池田不動明王の道標

 

下街道 池田宿ウォーク009_R

道標(三差路に建っている)

 

下街道 池田宿ウォーク010_R

下街道の案内灯

 

下街道 池田宿ウォーク011_R

野村作十郎生家跡

 

下街道 池田宿ウォーク012_R

野村作十郎生家跡前で、ひ孫の安藤芳子さんのガイド

 

下街道 池田宿ウォーク014_R

製糸工場跡

 

下街道 池田宿ウォーク015_R

油屋利八の建物

 

下街道 池田宿ウォーク016_R

昔一番のメインストリート

 

下街道 池田宿ウォーク017_R

秋葉山常夜灯

 

下街道 池田宿ウォーク018_R

池田のエコキ(市天然記念物)

 

下街道 池田宿ウォーク019_R

いろは旅館(もと旅籠)

 

下街道 池田宿ウォーク020_R

津島神社・牛頭天皇

 

下街道 池田宿ウォーク021_R

永泉寺 正門(野村作十郎 作)

 

下街道 池田宿ウォーク022_R

永泉寺 石柱

 

下街道 池田宿ウォーク023_R

大イチョウ(市天然記念物)

 

下街道 池田宿ウォーク024_R

永泉寺・寺院正面(野村作十郎 作)

 

下街道 池田宿ウォーク025_R

永泉寺・正面竜(野村作十郎 作)

 

下街道 池田宿ウォーク026_R

永泉寺・手狭の牡丹(野村作十郎 作)

 

下街道 池田宿ウォーク028_R

猫神様

 

下街道 池田宿ウォーク029_R

JR東海・中央線のガード下は半分レンガで仕上げてある

 

下街道 池田宿ウォーク030_R

清水の地蔵さん

 

下街道 池田宿ウォーク032_R

処どこにある[下街道]の案内標識

2017年11月05日

「陶都街並探偵団」妻木ウォーク

 

陶都街並探偵団の企画で土岐市 妻木ウォークへ行ってきました。

 

今回は妻木城址の里の会+妻木八幡神社 宮司 黒田正直さんに案内して頂きました。

 

今回の企画の元となったのが、明治時代の3大建築家の一人 妻木頼黄(つまぎよりなか)が

 

この町に由来のあることを知り、調べていたら妻木城址の会が担当する郷土資料室に資料があることが分かりました。

 

妻木頼黄の代表作は「日本橋」「神奈川県立歴史博物館(横浜正金銀行)」「横浜赤レンガ館」「半田赤レンガ館」などがあり、

 

官庁建築を数多く手掛けています。

 

頼黄自体は江戸で育って江戸で育ったようですが、祖先の出身地の妻木町と交流があったようです。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

現在、たじみ創造館2階で11月26日まで絶賛開催中の「陶都街並探偵団 展」の広報活動の一環で妻木ウォークも告知したことで、団員以外の方が3名参加されました。

 

今度もいろんな街を散策していきますので、興味のある方は私かまた知り合いの団員まで連絡ください。

 

■ルート

妻木公民館に集合 郷土資料館(妻木頼黄の展示) → 上郷 街並み散策(庄屋・桝形) → 裏山第二堰堤 → 士屋敷跡 → 宗禅寺 → 妻木公民館で解散

 

妻木城址の里の会

http://www.tumagijyou.com/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大春建築工房 design labo
http://daa-dl.com/
住所:岐阜県多治見市滝呂町9丁目152番7
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

17’妻木ウォーク1_R

郷土資料館 山本半左衛門宗範 狛犬

 

17’妻木ウォーク2_R

郷土資料館 妻⽊城主が⾝につけた鎧甲冑

 

17’妻木ウォーク3_R

郷土資料館 妻木頼黄を特別展示

 

17’妻木ウォーク4_R

郷土資料館 妻木頼黄を特別展示

 

17’妻木ウォーク5_R

上郷 庄屋(木村邸)

 

17’妻木ウォーク6_R

上郷 庄屋(日東邸)

 

17’妻木ウォーク8_R

裏山第二堰堤への入口

 

17’妻木ウォーク9_R

裏山第二堰堤(登録有形文化財)

 

17’妻木ウォーク10_R

裏山第二堰堤が城の石積が交差している

 

17’妻木ウォーク11_R

士屋敷跡 案内板

 

17’妻木ウォーク12_R

士屋敷跡 陣屋と住居跡

 

17’妻木ウォーク14_R

士屋敷跡 石積の水路

 

17’妻木ウォーク15_R

士屋敷跡 蔵跡

 

 

17’妻木ウォーク16_R

崇禅寺 黄色塗られた塀(黄色は高貴な色として使われたようです)

 

17’妻木ウォーク17_R

崇禅寺 本堂(右) 観音堂(左)

 

17’妻木ウォーク18_R

崇禅寺 お庭

 

17’妻木ウォーク20_R

崇禅寺 納骨堂の天井

 

2017年10月21日

「多治見るこみち」 陶磁器生産の仕事場を見よう!ディープに美濃焼の街をみちくさ!に参加しました。

「多治見るこみち №18」

陶磁器生産の仕事場を見よう!ディープに美濃焼の街をみちくさ!

に参加しました。

 

地元の多治見市滝呂町を廻るウォークは、かなりディープな場所へ行きました。

 

滝呂町は古くから陶器の街は、全盛期には78軒あった陶器屋さんが現在は15軒に減少したそうです。

しかしそれが悪いことばかりではなく、競争が減るので昔よりやりやすい面もあるとのこと、

これで後継者がいればいいが、なかなかいないそうです。

そこで人に代わり機械がこなしているところもあり、機械化がどんどん増えているようです。

 

今回は、型屋さん1軒、鋳込み屋さん2軒、窯焼き屋さん2軒、

釉裏紅(ゆうりこう)など陶磁器ののギャラリー「研陶庵」、

滝呂中央公園、陶彩の径、滝呂陶祖碑、巣立ちの森、滝呂神明神社などなどを

3時間かけてディープに歩きました。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大春建築工房 design labo
http://daa-dl.com/
住所:岐阜県多治見市滝呂町9丁目152番7
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

みちくさウォーク2017 .1

滝呂中央公園

 

みちくさウォーク2017 .2

滝呂中央公園

 

みちくさウォーク2017 .3

陶彩の径(笠原鉄道 滝呂駅)

 

みちくさウォーク2017 .4

移動途中の路地

 

みちくさウォーク2017 .5

型屋さん(コーヒーカップの取手の型)

 

みちくさウォーク2017 .6

型屋さんの機械

 

みちくさウォーク2017 .7

型屋さんの内部の様子

 

みちくさウォーク2017 .8

型屋さん(うながっぱ風鈴の型と完成品)

 

みちくさウォーク2017 .9

鋳込み屋さん①作業風景

 

みちくさウォーク2017 .10

鋳込み屋さん①作業風景

 

みちくさウォーク2017 .11

移動途中の路地

 

みちくさウォーク2017 .15

巣立ちの森(旧滝呂小学校)

みちくさウォーク2017 .12

巣立ちの森(あけぼの像)

 

みちくさウォーク2017 .13

移動途中に見かけた味のある橋

 

 

みちくさウォーク2017 .16

移動途中に見かけた植物に覆われた建物

 

みちくさウォーク2017 .17

窯焼き屋さん①の社長

 

みちくさウォーク2017 .18

窯焼き屋さん①の社長の奥さん

 

みちくさウォーク2017 .19

窯焼き屋さん①機械

 

みちくさウォーク2017 .20

窯焼き屋さん①窯

 

みちくさウォーク2017 .21

鋳込み屋さん②作業風景

 

みちくさウォーク2017 .22

鋳込み屋さん②機械

 

みちくさウォーク2017 .23

鋳込み屋さん②機械

 

みちくさウォーク2017 .24

滝呂神明神社

 

みちくさウォーク2017 .25

滝呂神明神社

 

みちくさウォーク2017 .26

窯焼き屋さん②作業風景

 

みちくさウォーク2017 .27

窯焼き屋さん②窯に入れる前の陶磁器

 

みちくさウォーク2017 .28

窯焼き屋さん②4立法メートルの窯

 

みちくさウォーク2017 .29

窯焼き屋さん②窯の中

 

みちくさウォーク2017 .30

移動途中に見かけたタイル洗面台

 

みちくさウォーク2017 .31

移動途中に見かけた家の前の門のような植物

 

みちくさウォーク2017 .32

研陶庵(釉裏紅:ゆうりこう)

みちくさウォーク2017 .33

研陶庵(釉裏紅:ゆうりこう)

 

みちくさウォーク2017 .34

研陶庵(釉裏紅:ゆうりこう)

 

みちくさウォーク2017 .35

研陶庵(釉裏紅:ゆうりこう

 

みちくさウォーク2017 .36

研陶庵(松原栄助作の棚)

2017年10月09日

八幡神社例祭『流鏑馬』

昨日10月第2日曜日、土岐市妻木町・八幡神社例祭『流鏑馬(やぶさめ)』が行われました。

 

今年も町内会町内から選ばれし精鋭6名の乗子が颯爽と境内を駆け上がる。

 

その中の一頭が毎回なぜかこちらに向かって走ってくる、この馬を撮りたい思いと、

 

カメラを覗いていて馬との距離感が分からない恐怖を感じながら撮ったが、

 

その瞬間、自分の横ギリギリに走り去った。

 

馬が思い通りにはならないこともあり、過去幾度も子供が馬から落ちる場面も遭遇している。

 

少しでも気を緩めると事故に繋がったりする。

 

これも魅力の『流鏑馬』です。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大春建築工房 design labo
http://daa-dl.com/
住所:岐阜県多治見市滝呂町9丁目152番7
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

17流鏑馬1

よろい行列 天狗

 

17流鏑馬2

小学生が勤める巫女

 

17流鏑馬3

選ばれし精鋭6名の乗子

 

17流鏑馬4

陣笠・陣羽織姿で三度駆け上がります。

 

17流鏑馬5

弓取

 

17流鏑馬6

華やかな古式衣装で三度駆け上がります。

 

17流鏑馬7

こちらに向かって走ってくる馬

 

2017年10月07日

多治見るこみち『陶都街並探偵団』展 オープニングセレモニー開催!

今日からスタートした 多治見るこみち『陶都街並探偵団』展の オープニングセレモニーを開催しました。

 

多治見市長にもお忙しい中参加をして頂きました。

 

今回の一番の見せ場が【おりべストリート】を1/400スケールで再現した模型です。

 

昨年、美濃焼こみちで企画したオリベスト―リト「カメラ片手に多治見の魅力発見、みんなでシェアするランチ付き」で

 

シェアした写真を模型の周りに並べ、それがどこの場所が分かるようにしてあります。

 

参加者それぞれの目線で、オリベストリートが紹介してありますので、見ていても楽しい内容となっています。

 

他にも、多治見市の笠原ウォーク、滝呂ウォーク、高田小名田ウォーク、虎渓山町ウォークや

 

多治見市外のウォークの活動記録や、歴史的価値の高い建物の図面化した物が展示してあります。

 

地元の人も地元の魅力を再発見出来るそんなコンセプトでつくりましたので、近くに来た際はお立ち寄りください。
宜しくお願いします。

 

 

多治見るこみち 街歩きの楽しさを学ぼう!『陶都街並探偵団』展

http://www.tajimirukomichi.net/programs/597fe07d6c6f634d8f6a0400

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

大春建築工房 design labo
http://daa-dl.com/
住所:岐阜県多治見市滝呂町9丁目152番7
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

陶都街並探偵団展オープン1

入り口正面にこのパネルがあります。

 

陶都街並探偵団展オープン2

オリベストリート1/400スケールの模型

 

陶都街並探偵団展オープン3

展示風景1

 

陶都街並探偵団展オープン4

展示風景2

 

陶都街並探偵団展オープン5

展示風景3

 

陶都街並探偵団展オープン6

オープニングセレモニー

 

陶都街並探偵団展オープン7

入場者の名前帳の1番が多治見市長にして頂きました。

 

東濃の設計事務所から建築デザイン写真満載のブログをお届けしております

一生に一度の大きな買い物といわれるマイホームや、外観や空間作りで集客にも差がでる店舗の設計を任せる建築士がどんな人物で、どんなことを考えているのか、相性がよさそうかというのは気になるところではないでしょうか。多治見にある大春建築工房design laboでは、代表である一級建築士がブログを配信しておりますので、その人と成りから建築に対する考え方をチェックしてください。
可能性を引き出す斬新なデザインでご信頼いただいている東濃の設計事務所の一級建築士によるブログは、日常のエピソードが中心です。
業務やプライベートで外出した時の話が中心ですが、いつも決まって出会った建物や建築デザインの写真が集まってきます。多治見の建築士は、それだけ建築に熱い人物だとご理解いただければ幸いです。