2018年06月18日

陶都街並探偵団 in 富山(高岡市)

6月9日10日に『陶都街並探偵団』2年1度の持ち出すウォークで富山県に行ってきました。

限られた時間の中で、富山市と高岡市の魅力的な場所を巡る旅でした。

 

ボリュームがあるので、1日目の富山市と2日目の高岡市を2回に分けて書こうと思います。

 

2日目高岡市のルートは、

1、日本三大仏『高岡大仏』 ⇒

2、土蔵造りの伝統的建造物群保存地区『山町筋』 ⇒

3、ユネスコ無形文化財の『高岡 御車山会館』 ⇒

4、鋳物発祥の地とし、木格子の伝統的建造物群保存地区『金屋町』 ⇒

5、前田利長公の菩提寺『国宝 瑞龍寺』 ⇒

6、お土産を買うために『新湊きっときと市場』

高岡大仏は、日本三大仏で、銅器日本一の高岡の象徴的存在で地元に愛され続けています。

山町筋は、土蔵造りの街並みは伝統的建築物が軒を連ねる。山町バレーや御車山会館など見どころ満載。

高岡御車山会館は、28年中部建築賞に選ばれて、全国で5つしかない国の重要有形・無形民俗文化財である「御車山」を通年展示する施設です。

高岡御車山会館の館長さんとお話をさせて頂き、高岡市愛を熱く語ってくれました。自分もこの街に生まれたらこうなるだろうと思いました。

金屋町筋は、木格子の街並みが美しく、鋳物発祥の地として鋳物師町として国の重要伝統的建築物郡保存地区に選定。

国宝 瑞龍寺は、伽藍配置で総門、山門、仏殿、法堂を回廊でつながり、中庭は手入れされた芝が綺麗でより建物が際立った。

仏殿際で中庭か見える場所で、お抹茶を上がりました。静寂の中綺麗な中庭を見ながら飲むお抹茶は気持ちが落ち着きました。

まとめとして、高岡市は職人の街で職人同士の絆が強く、よそ者が仕事をするのも地元の人の紹介が無いと出来ないそうです。

山町筋と金屋町筋をボランティアガイドの方に案内して頂き、1つの市に2ヵ所も重要伝統的建築物郡保存地区があるのは珍しいそうです。

今回時間が無くて見れなかった『土蔵造りのまち資料館』は間口は狭いですが、奥行は路地から路地と細長く、

普段は途中まで見せるだけだそうですが、建築関係の人が来た時は奥まで見せてもらえるそうです。

富山市はどんどん近代的に変わりつつある街並、

高岡市は2ヵ所の伝統的建造物群保存地区や大仏やお寺など古い建物が残る沢山残る街並み、

どちらも魅力的で、また訪れたいと場所でした。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大春建築工房 design labo
http://daa-dl.com/
住所:岐阜県多治見市滝呂町9丁目152番7
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

001高岡市_R

地元の鋳物師が型から製造しちた。高岡大仏

 

002高岡市_R

山町筋 伝統的建物

 

003高岡市_R

山町筋 山町バレー 外観

 

004高岡市_R

山町筋 山町バレー 内観

 

005高岡市_R

山町筋 山町バレー 中庭から蔵を改装した店舗

 

006高岡市_R

山町筋 山町茶屋 外観

 

007高岡市_R

山町筋 国指定重要文化財 菅野家住宅 外観

 

008高岡市_R

山町筋から見えた高岡駅からドラえもんトラムが走ってきた.

 

009高岡市_R

山町筋 伝統的建物

 

010高岡市_R

山町筋 伝統的建物

 

011高岡市_R

山町筋 高岡信用金庫

 

012高岡市_R

山町筋 国指定重要文化財 井波屋仏壇店 外観

 

013高岡市_R

山町筋 富山銀行

 

014高岡市_R

山町筋 高岡御車山会館 外観

 

015高岡市_R

山町筋 高岡御車山会館 御車山

 

016高岡市_R

山町筋 高岡御車山会館 内観 車を出し入れする巨大な扉

 

017高岡市_R

山町筋 高岡御車山会館 御車山のパーツの展示

 

018高岡市_R

山町筋 国指定重要文化財 佐野家住宅 外観

 

019高岡市_R

山町筋 伝統的建物

 

020高岡市_R

山町筋 伝統的建物

 

021高岡市_R

金屋町筋 伝統的建物

 

022高岡市_R

金屋町筋 伝統的建物

 

023高岡市_R

金屋町筋 伝統的建物

 

024高岡市_R

金屋町筋 伝統的建物の路地 ペンキの柄が面白い

 

025高岡市_R

金屋町筋 伝統的建物

 

026高岡市_R

金屋町筋と山町筋の途中にあった橋の途中にあった鋳物製の鳳凰

 

027高岡市_R

瑞龍寺 改修の山門

 

028高岡市_R

瑞龍寺 山門の横の回廊

 

029高岡市_R

瑞龍寺 仏殿

 

030高岡市_R

瑞龍寺 法殿脇の中庭

 

031高岡市_R

瑞龍寺 防火仕様の大茶堂

 

032高岡市_R

瑞龍寺 大茶堂脇の回廊

 

033高岡市_R

瑞龍寺 法殿前の回廊

 

034高岡市_R

瑞龍寺 回廊から仏殿

 

2018年06月17日

陶都街並探偵団 in 富山(富山市)

6月9日10日に『陶都街並探偵団』2年1度の持ち出すウォークで富山県に行ってきました。

 

限られた時間の中で、富山市と高岡市の魅力的な場所を巡る旅でした。

ボリュームがあるので、1日目の富山市と2日目の高岡市を2回に分けて書こうと思います。

 

1日目の富山市ルートは、

 

1、隈研吾氏設計で図書館と併設になっていて、扇田克也展が開催中の『富山市ガラス美術館』 ⇒

2、凄いにぎわがあったガラス屋根の全天候型施設『グランドプラザ』 ⇒

3、廻船問屋郡のまちめぐり『岩瀬』 ⇒

4、岩瀬から富山駅北まではライトレールで移動 

4、運河と公園と美しいスタバがある『富岩運河環水公園』 ⇒

5、内藤廣氏設計で千住博展が開催中の『富山県美術館』 ⇒

6、『東横イン富山新幹線口1』 ⇒

7、夕食は地場の海産物が美味しかった『さんじゅうまる』

8、夕食後、富山駅周辺を散策。

 

 

・富山市ガラス美術館は、隈研吾氏の設計で、内装には立山杉使った開かれた空間が印象的で、

図書館との併用は、美術館が2階~6階まであり動線が分りずらかったが、1度行けば次からは大丈夫なレベルです。

外観は御影石、ガラス、アルミの素材の組み合わせで、立山連峰を連想するディテールになっている。

 

・グランドプラザは、年間100を超えるイベントをしている全天候型イベントスペースで、

南は幹線道路沿いで、北はアーケード街の路地と接し、東西は商業施設が接していて、どこからでアクセスできるようにスペースになっている。

当日も、自衛隊のイベントと学生のブラスバンドの演奏をやっていて凄い賑わいだった。

 

・岩瀬は、巨万の富を得た廻船問屋の商人の街で、今も当時の裕福さが分かる建物が立ち並び、この中の古民家の一つに

イタリアの家具メーカー「カルテル」のショップが入っていて、ディスプレイも古民家を生かしたもので斬新だった。

 

・電話富岩運河環水公園は、ボランティアガイドの方にガイドをして頂きました。

洪水を解消るため川の流れを変えたり、物流の主流がトラックになるまでは、運河を利用していたことで、牛島閘門は国の有形文化財になっている。

この中にある美しいスタバは名所となっていて、ここも凄い賑わいだった。

 

・富山県美術館は、昨年オープンした新名所の一つで、設計は内藤廣氏で、外観は、富山県の主要産業であるアルミを多用し、

外装の軒裏・内装の天井には、里山杉が使用されいた。

東側は環水公園に面し、好天時には立山連峰が望めることが出来る。

行った日から、千住博展が始まっていて、高野山金剛寺の襖絵など最新作から、これまでの歩みが見られる展示で見ごたえある内容でした。

 

・まとめとして、富山市駅前は公共交通を核とするコンパクトシティへの戦略的かつ具体的な施策が評価され、

「環境未来都市」にも選ばれた富山市は、駅南にセントラムと駅北にポートラムが走り、

来年度までには、南北接続工事が完了し、南北分断が解消され、相互乗り入れが可能になれば、

富山ライトレールの利用者はさらに増え、沿線の活性化にもつながる。

美術館や公園も多く、観光客も益々増えそう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

大春建築工房 design labo
http://daa-dl.com/
住所:岐阜県多治見市滝呂町9丁目152番7
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

001富山市_R

富山市ガラス美術館 外観

 

002富山市_R

富山市ガラス美術館 外観

 

003富山市_R

富山市ガラス美術館 案内板

 

004富山市_R

富山市ガラス美術館 受付

 

005富山市_R

富山市ガラス美術館 内観

 

006富山市_R

富山市ガラス美術館 2階カフェ

 

007富山市_R

富山市ガラス美術館 扇田克也の作品

 

008富山市_R

グランドプラザ 南側からの外観

 

009富山市_R

グランドプラザ 北側アーケード街からの内観

 

010富山市_R

岩瀬の街並み 街中のカルテルショップ

 

011富山市_R

岩瀬の街並み 廻船問屋の中でも大きなお屋敷

 

012富山市_R

岩瀬の街並み 北前廻船問屋 森家の外観

 

013富山市_R

岩瀬の街並み 北前廻船問屋 森家の内観

 

014富山市_R

岩瀬の街並み 北前廻船問屋 森家の中庭にあるお蔵

 

015富山市_R

岩瀬の街並み 廻船問屋の中でも一番大きなお屋敷

 

016富山市_R

岩瀬の街並み 北前船のモニュメント

 

017富山市_R

岩瀬の街並み 酒屋と奥がフランス料理店

 

018富山市_R

岩瀬の街並み 奥のフランス料理店で行くための路地

019富山市_R

岩瀬の街並み フランス料理店の入口

 

020富山市_R

ポートラムで 岩瀬浜→富山駅北へ移動

 

021富山市_R

富岩運河環水公園

 

022富山市_R

富岩運河環水公園の中にあるスタバ

 

023富山市_R

富岩運河環水公園の中にある牛島閘門

024富山市_R

富山県美術館 外観

025富山市_R

富山県美術館 エントランス

026富山市_R

富山県美術館 内観

027富山市_R

富山県美術館 内観

028富山市_R

富山県美術館 内観

029富山市_R

富山県美術館 千住博展

030富山市_R

富山県美術館 千住博展 作品 龍神

031富山市_R

セントラム 富山駅に向かっていす。

 

032富山市_R

富山駅 南北接続のため工事中でした。

 

2017年12月04日

下街道・池田宿への市民ウォーク

12月2日土曜日 下街道・池田宿への市民ウォーク 主催:多治見観光ボランティア

 

歴史のある宿場の池田宿は、東美濃の宿場 釜戸(瑞浪市)・土岐(瑞浪市土岐町)・高山(土岐市)・池田(多治見)の四つ中の一つで、

 

江戸時代は尾張藩の管轄で約100軒の商屋があり、現在[池田町屋の郷土史を学ぶ会]が保存と伝承の活動をしています。

 

■ルート

多治見駅 出発 → ①江戸時代の道(土岐川河川) → ②町屋の標識(多治見県病院の入口) → ③野村作十郎生家跡  →  ④製糸工場跡 → 

 

⑤常夜灯 → ⑥小池勇夫生家跡 → ⑦津島様 → ⑧永泉寺 → ⑨明治時代の道 → ⑩清水地蔵 → 多治見駅 解散

 

■この町の著名人

野村作十郎:江戸末期の宮大工 明治天皇が巡行したときに[従四位]を受けている  

小池  勇:江戸時代の眼科医でのちに地方政治家で活躍、村長の時製糸業で池田町屋を活気づけた一人

 

―------------------------------------―------------------------------------―------------

 

今回は、野村作十郎のひ孫の、安藤芳子さんも参加されていて貴重なお話が聞けました。

 

安藤さんが自主出版された作品集[東濃の宮大工・野村作十郎(二)]に乗っている写真は全て安藤さん自ら撮ったもので、

 

作十郎作品を自分が良いと思う表現したかったからだと言われました。

 

この本の他に[天空の龍 幻の名匠 野村作十郎(上)(下)]も最近入手し、面白く大変興味深い本でした。

 

次回は探偵団にて[野村作十郎を巡る旅]を企画したいと思っています。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大春建築工房 design labo
http://daa-dl.com/
住所:岐阜県多治見市滝呂町9丁目152番7
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

下街道 池田宿ウォーク001_R

稲葉神社の石柱

 

下街道 池田宿ウォーク002_R

下街道

 

下街道 池田宿ウォーク003_R

下街道 多治見メダカの発育させる池

 

下街道 池田宿ウォーク004_R

沈下橋(洪水の時には沈むとこからつけられた)

 

下街道 池田宿ウォーク005_R

明治時代の赤レンガのトンネル

 

下街道 池田宿ウォーク006_R

下街道(国道19号下、JR東海・中央線下を通る)

 

下街道 池田宿ウォーク007_R

稲葉神社の石柱

 

下街道 池田宿ウォーク008_R

池田不動明王の道標

 

下街道 池田宿ウォーク009_R

道標(三差路に建っている)

 

下街道 池田宿ウォーク010_R

下街道の案内灯

 

下街道 池田宿ウォーク011_R

野村作十郎生家跡

 

下街道 池田宿ウォーク012_R

野村作十郎生家跡前で、ひ孫の安藤芳子さんのガイド

 

下街道 池田宿ウォーク014_R

製糸工場跡

 

下街道 池田宿ウォーク015_R

油屋利八の建物

 

下街道 池田宿ウォーク016_R

昔一番のメインストリート

 

下街道 池田宿ウォーク017_R

秋葉山常夜灯

 

下街道 池田宿ウォーク018_R

池田のエコキ(市天然記念物)

 

下街道 池田宿ウォーク019_R

いろは旅館(もと旅籠)

 

下街道 池田宿ウォーク020_R

津島神社・牛頭天皇

 

下街道 池田宿ウォーク021_R

永泉寺 正門(野村作十郎 作)

 

下街道 池田宿ウォーク022_R

永泉寺 石柱

 

下街道 池田宿ウォーク023_R

大イチョウ(市天然記念物)

 

下街道 池田宿ウォーク024_R

永泉寺・寺院正面(野村作十郎 作)

 

下街道 池田宿ウォーク025_R

永泉寺・正面竜(野村作十郎 作)

 

下街道 池田宿ウォーク026_R

永泉寺・手狭の牡丹(野村作十郎 作)

 

下街道 池田宿ウォーク028_R

猫神様

 

下街道 池田宿ウォーク029_R

JR東海・中央線のガード下は半分レンガで仕上げてある

 

下街道 池田宿ウォーク030_R

清水の地蔵さん

 

下街道 池田宿ウォーク032_R

処どこにある[下街道]の案内標識

2017年11月05日

「陶都街並探偵団」妻木ウォーク

 

陶都街並探偵団の企画で土岐市 妻木ウォークへ行ってきました。

 

今回は妻木城址の里の会+妻木八幡神社 宮司 黒田正直さんに案内して頂きました。

 

今回の企画の元となったのが、明治時代の3大建築家の一人 妻木頼黄(つまぎよりなか)が

 

この町に由来のあることを知り、調べていたら妻木城址の会が担当する郷土資料室に資料があることが分かりました。

 

妻木頼黄の代表作は「日本橋」「神奈川県立歴史博物館(横浜正金銀行)」「横浜赤レンガ館」「半田赤レンガ館」などがあり、

 

官庁建築を数多く手掛けています。

 

頼黄自体は江戸で育って江戸で育ったようですが、祖先の出身地の妻木町と交流があったようです。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

現在、たじみ創造館2階で11月26日まで絶賛開催中の「陶都街並探偵団 展」の広報活動の一環で妻木ウォークも告知したことで、団員以外の方が3名参加されました。

 

今度もいろんな街を散策していきますので、興味のある方は私かまた知り合いの団員まで連絡ください。

 

■ルート

妻木公民館に集合 郷土資料館(妻木頼黄の展示) → 上郷 街並み散策(庄屋・桝形) → 裏山第二堰堤 → 士屋敷跡 → 宗禅寺 → 妻木公民館で解散

 

妻木城址の里の会

http://www.tumagijyou.com/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大春建築工房 design labo
http://daa-dl.com/
住所:岐阜県多治見市滝呂町9丁目152番7
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

17’妻木ウォーク1_R

郷土資料館 山本半左衛門宗範 狛犬

 

17’妻木ウォーク2_R

郷土資料館 妻⽊城主が⾝につけた鎧甲冑

 

17’妻木ウォーク3_R

郷土資料館 妻木頼黄を特別展示

 

17’妻木ウォーク4_R

郷土資料館 妻木頼黄を特別展示

 

17’妻木ウォーク5_R

上郷 庄屋(木村邸)

 

17’妻木ウォーク6_R

上郷 庄屋(日東邸)

 

17’妻木ウォーク8_R

裏山第二堰堤への入口

 

17’妻木ウォーク9_R

裏山第二堰堤(登録有形文化財)

 

17’妻木ウォーク10_R

裏山第二堰堤が城の石積が交差している

 

17’妻木ウォーク11_R

士屋敷跡 案内板

 

17’妻木ウォーク12_R

士屋敷跡 陣屋と住居跡

 

17’妻木ウォーク14_R

士屋敷跡 石積の水路

 

17’妻木ウォーク15_R

士屋敷跡 蔵跡

 

 

17’妻木ウォーク16_R

崇禅寺 黄色塗られた塀(黄色は高貴な色として使われたようです)

 

17’妻木ウォーク17_R

崇禅寺 本堂(右) 観音堂(左)

 

17’妻木ウォーク18_R

崇禅寺 お庭

 

17’妻木ウォーク20_R

崇禅寺 納骨堂の天井

 

2017年10月07日

多治見るこみち『陶都街並探偵団』展 オープニングセレモニー開催!

今日からスタートした 多治見るこみち『陶都街並探偵団』展の オープニングセレモニーを開催しました。

 

多治見市長にもお忙しい中参加をして頂きました。

 

今回の一番の見せ場が【おりべストリート】を1/400スケールで再現した模型です。

 

昨年、美濃焼こみちで企画したオリベスト―リト「カメラ片手に多治見の魅力発見、みんなでシェアするランチ付き」で

 

シェアした写真を模型の周りに並べ、それがどこの場所が分かるようにしてあります。

 

参加者それぞれの目線で、オリベストリートが紹介してありますので、見ていても楽しい内容となっています。

 

他にも、多治見市の笠原ウォーク、滝呂ウォーク、高田小名田ウォーク、虎渓山町ウォークや

 

多治見市外のウォークの活動記録や、歴史的価値の高い建物の図面化した物が展示してあります。

 

地元の人も地元の魅力を再発見出来るそんなコンセプトでつくりましたので、近くに来た際はお立ち寄りください。
宜しくお願いします。

 

 

多治見るこみち 街歩きの楽しさを学ぼう!『陶都街並探偵団』展

http://www.tajimirukomichi.net/programs/597fe07d6c6f634d8f6a0400

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

大春建築工房 design labo
http://daa-dl.com/
住所:岐阜県多治見市滝呂町9丁目152番7
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

陶都街並探偵団展オープン1

入り口正面にこのパネルがあります。

 

陶都街並探偵団展オープン2

オリベストリート1/400スケールの模型

 

陶都街並探偵団展オープン3

展示風景1

 

陶都街並探偵団展オープン4

展示風景2

 

陶都街並探偵団展オープン5

展示風景3

 

陶都街並探偵団展オープン6

オープニングセレモニー

 

陶都街並探偵団展オープン7

入場者の名前帳の1番が多治見市長にして頂きました。

 

東濃の設計事務所から建築デザイン写真満載のブログをお届けしております

一生に一度の大きな買い物といわれるマイホームや、外観や空間作りで集客にも差がでる店舗の設計を任せる建築士がどんな人物で、どんなことを考えているのか、相性がよさそうかというのは気になるところではないでしょうか。多治見にある大春建築工房design laboでは、代表である一級建築士がブログを配信しておりますので、その人と成りから建築に対する考え方をチェックしてください。
可能性を引き出す斬新なデザインでご信頼いただいている東濃の設計事務所の一級建築士によるブログは、日常のエピソードが中心です。
業務やプライベートで外出した時の話が中心ですが、いつも決まって出会った建物や建築デザインの写真が集まってきます。多治見の建築士は、それだけ建築に熱い人物だとご理解いただければ幸いです。